レディ

いぼの切除は皮膚科にお任せ!綺麗な肌に変身

盛り上がったできものには

カウンセリング

人気の医療機関での治療

皮膚の上にできるできもののうち、小さくて盛り上がっているものを一般的にいぼと呼んでいます。医学用語では疣贅(ゆうぜい)といわれますが、けっして見た目の良いものではありません。特に顔や手など人の目につきやすい部分にできたものには、とても気になってしまうことが多いはずです。いぼには、大きく分けると2つの種類が存在します。ウイルスによって引き起こされるものと老化現象が原因となっているものです。ウイルス性のものは、100種類以上もあるといわれるヒトパピローマといわれるウイルスのうちのいずれかが感染して生じると考えられています。ウイルスの種類によって、その形や大きさ、できやすい身体の部位などの特徴は異なります。夏場のプールで子供が感染しやすい水いぼも、これにあたります。一方、老化現象によるいぼは、長期間日光などの紫外線を浴び続けてきたことや皮膚の老化が深く関係しているといわれています。遺伝による要因も大きいと考えられ、中高年の人ばかりでなく早い人では20代で発生し始めることもあります。もしいぼができてしまった場合には、いくつかの対応方法が考えられます。まず、ウイルス性のものについては、そのままにしておけば自然に治ることもあります。しかし、放置することによって増殖したり、身体の他の部分にも発症してしまったりする可能性があります。また、自分だけでなく他の人へも感染させてしまう恐れがあるため、しっかりと治療を行うのが良いでしょう。簡単・便利な市販の内服薬や外用薬を利用するのも一つの方法ですが、やはり確実なのは皮膚科などの病院・クリニックを受診することです。老化によるいぼについては感染によって増殖する可能性はありませんが、適切な治療のためにはやはり医療機関を利用した方が良いでしょう。病院やクリニックでの治療でも、内服薬や外用薬を使用することはありますが、物理的にいぼを切除する方法が数多く利用されています。代表的な切除の方法には、液体窒素を使用するものとレーザー光線を使用するものがあります。液体窒素による切除では、マイナス196度の液体窒素を直接患部に当てることでいぼの細胞を壊死させて除去します。これは、多くの医療機関で受けることができる治療方法で高い効果がありますが、まれに強い痛みを感じたり痛みが取れるまでに多少の時間がかかったりする場合もあります。一方、レーザー光線による切除では、炭酸ガスレーザーなどを使用して患部の細胞を焼き払って除去します。この方法も効果が高く、液体窒素では対応できない大きさや厚さのいぼにも対応することができます。しかし、大きく厚いものを除去した場合には皮膚内にウイルスが残存して、再発してしまうこともあります。この他にもピンセットやハサミなどの医療器具を使用して、文字通りいぼの切除を行う外科的手術など、病院・クリニックでは症状や状態、患者の希望に合わせて治療を行うことが可能です。自分でどうにか対応しようとするのとは異なり、専門家による安全で確実な効果を望むことができる医療機関の利用は多くの人気を得ています。また、ごくまれにですが、できものには重大な病気が潜んでいる可能性も否定できません。その意味でも、安易な自己判断は避け、まず病院・クリニックを受診するのが最適だといえます。

Copyright © 2017 いぼの切除は皮膚科にお任せ!綺麗な肌に変身 All Rights Reserved.